分かった!債務整理と借金返済@借金返済の薬箱

*

個人再生

   

個人再生(返済型)・・・裁判所を使う手続きで、分割(原則3年)で借金を支払う

借金の返済は滞ることなく順調に元金を減らしていきたいですが、ときには返済が困難になる場合もあります。そして、借金は返せないからと放置しておくわけにはいきませんので、できるだけ早く解決できるよう解決策を考えていかなくてはいけません。

「個人再生」は、任意整理でも自己破産でもない 新しい債務整理法です

自宅はそのままに借金を減らせる=個人再生

借金を順調に返すことが難しいいう場合は債務整理での解決も検討されます。
債務整理では自己破産という方法があり、免責が降りるとすべての借金の返済を免れることができます。とはいえ、この方法もメリットだけではなく、デメリットもあり、例えば住宅などの価値のある資産がある場合は、それらをすべて手放さなくてはいけません。
※自己破産をすると、20万円以上の資産と99万円以上の現金は処分しなければいけません

借金がなくなってもマイホームやマイカーを失うことはかなりのダメージとなりますし、その後の生活にも大きな影響が出てしまいます。
自己破産を行ないたくない場合は個人再生での解決も考えてみましょう。

現在住宅ローンを返済中という場合も、住宅ローンは今までのように支払いながら、そのほかの債務を整理していくことができますので、住宅を保持していくいことができます。

この手続きを行う場合は専門的な知識が必要ですので、法律の専門家に依頼することが多いですが、その費用は30~60万円程度とされています。
期間は手続きに時間がかかりますので約1年程度は必要となります。

個人再生を選ぶポイント

個人再生とは「法律で定められた金額」を業者に支払い、借金を整理する方法ということです。

①いまの毎月の返済額を軽くすれば、生活していけるのか?
②住宅(マイホーム)を守りたいか?

個人再生を選ぶかどうかでは、この二つがポイントになります。
個人再生の場合は、任意整理より借金の減額幅が大きくなり返済額が少なくなる可能性が大です。

また自己破産では、借金の理由によって免責が受けられないこともありますが、個人再生
では借金の即.由が問題にされることはありません。

 - 債務整理の種類と特徴