分かった!債務整理と借金返済@借金返済の薬箱

*

任意整理

   

任意盤理(返済型)・・・裁判所を使わない手続きで、分割(原則3年)で借金を支払う

任意整理とは、当事者同士が直接話し合って、無理のない金額で借金を返済していく方法です。任意整理と個人再生では借金を支払いますが、裁判所を利用するかどうかの子続きがまず違います。もう一つ、支払う額にも速いがあります

借金を返済する方法は、他にも「個人再生」や「自己破産」などがありますが、それらと比べるといくつかのメリットがあります。

まず、これはいわゆる「裁判外の和解」に該当するので、借入金の範囲を自分で決められますし、車のローンなどは対象から除外することもできます。
また、個人再生や自己破産を行うと官報に名前が載ってしまいますが、その心配もありません。

そして、自己破産だと財産を処分しなければならなかったり、一定期間は就ける職業が制限されたりするのですが、そういった縛りもないので、専門的な職業に就いている人に向いているといえます。
ただし、「信用情報機関」にその情報は残るので、一定期間は新規でカードを作ることやキャッシングなどができなくなります。

また、自己破産と違ってお金を返す義務自体は残りますし、個人再生よりも減額幅は少なめです。

費用は、弁護士や司法書士に支払う部分が大半ですが、事務所によって金額は異なるので一概にはいえません。とはいえ、1社につき3~4万円程度が相場であり、それに加えて成功報酬が発生することが多くなっています。

過払い金請求って聞くけど何?

過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどを利用していた場合や既に頑張って完済している場合でもあっても「払いすぎた利息」が戻ってくるケースは少なくありません。

テレビや広告でよく見かける「過払い金請求」というものは「払いすぎたお金や、払うべき本当の借金額」を弁護士などが計算しなおして(これを利息の引きなおしと言う)、払いすぎた分などを取り戻す方法です。

債務整理を弁護士など法律家に相談を行うとまず「利息の引きなおし」をしてくれます。

いわば「本当の借金金額」を明確にして「払わない手もいい借金」を見つけてくれます。
任意整理の場合は弁護士等が貸金業若と交渉し、この返すべき本当の借金額だけを返済していきます。

そして残った返済は分割払いになり、返済金額も条件もほぼ確実に楽になります。

 - 債務整理の種類と特徴